日本会議広島 活動レポート

日本会議広島における活動の記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

8月15日 第25回 戦歿者追悼平和祈念の集い 開催(広島市)

 酷暑が続く終戦記念日、広島市内護国神社において英霊感謝祭が執り行われ、引き続き日本会議広島主催「第25回 戦歿者追悼平和祈念の集い」が同神社参集殿で行われた。

 リオ・オリンピックでの体操・内村航平選手の国歌斉唱に刺激されたのか、例年になく大きな声が響いた国歌斉唱、護国神社祭神への拝礼、中尾日本会議広島理事長の挨拶の後、「天命に生きた日本人の魂に導かれて~大切な命に代えてでも守りたいもの~」と題して、「株式会社ことほぎ」代表の白駒 妃登美(しらこま ひとみ)氏が記念講演をされた。

講演する白駒氏 会場の様子

 氏は国際線CA退職後、出産、大病を経て福岡県を拠点に結婚コンサルタントの活動を始め、2012年に日本の歴史や文化の素晴らしさを国内外に広く発信する「株式会社ことほぎ」を設立、現在全国各地で講演活動に取り組んでいる。
 まず「歴史感」について「学校教育により日本の歴史について負のイメージに染まっていた私を目覚めさせてくれたのは、日本人ではなくオーストラリアの女性だった。彼女は日本が2千年以上の歴史を有する世界最古の国であり、古くから優れた文化を持っていた事を教えてくれた。自分で調べてみて彼女の言うとおり、神話・神武建国から歴史が一本の糸で繋がっている国は世界中で日本しかない事、そして天皇は建国以来、常に国民を宝と思い大切にし、また国民も天皇の想いに応え続けてきた素晴らしい国であることを知った。
 また外国での生活で、国際人とは“英語が堪能であったり、グローバルスタンダードを理解している事”ではなく、“自国の歴史と文化をきちんと相手に伝える事の出来る人間の事”を指すのだという事も知った。
 それでも昭和史においては、自虐史観を持ち続けていたが、これはインドネシアの大学教授と出会った事で間違いに気づかされた。オランダを駆逐してインドネシアにやってきた日本人将校が“君たちを独立させるためにやってきた。独立繁栄のための知識や技術は全て伝授する”と言っていた事、戦後も多くの日本兵が残って独立のために戦い死んでいった事、昭和30年のバンドン会議においてアジアアフリカ諸国が日本代表を大歓迎した事などを教授は教えてくれた。」と自らの歴史認識の変遷を語り、そこから得た歴史観について「日本の歴史授業では昭和20年8月15日をもって区切りを付けているが、仮に白人社会に対する日本の奮闘に刺激されたアジアアフリカ諸国が、戦後次々と独立した後に開催された前述のバンドン会議の時で区切ってみたら、大東亜戦争の評価は全く違うものになる。このように歴史は視点を変えれば見方も変わる。学校の授業のような一方的なものではなく、歴史感は多様なものである。」と語られた。
 次に「日本人の価値観」について、終戦直後日本に来たアメリカ海軍士官・アーレイ・バークの話をされ「彼は同僚や部下を日本との戦いで失った事で日本を激しく嫌悪していた。しかし宿泊先でささやかなサービスをする日本人女性の夫が、自分が参加した海戦で戦死していたにもかかわらず、彼もアメリカも憎んでおらず、相手に心地良い空間を提供し喜んでもらいたいと考えていた事を知って、自分の心の狭さと日本人の心の豊かさを知った。彼はその後、北東アジアでの海軍力の必要性を説き、それが海上自衛隊創設の一因となった。彼は日本から勲一等の勲章を授与されたが、生涯その勲章を大事にし、遺言によりその勲章のみを付けて埋葬された。この話には後日談があり、東北大震災の時、真っ先に駆け付けたアメリカ空母「ロナルド・レーガン」の艦長トム・バークは、彼の孫であった。自らヘリに乗り救援物資を届けたトムもまた、被災にもかかわらず秩序だった行動をする日本人を見た。天国の祖父は“お前も俺と同じように感じただろ”と天国から孫に語りかけただろう。」と感動の秘話を披露し、「西洋人は相手との相違点を探すが、日本人は相手との共通点を探そうとする。これが日本人の礼節と心意気、公平性、親切には真心で応える等の素晴らしい価値観を生み出していると思う。そして今年、オバマ氏と被爆者が抱き合う姿に同じものを感じた。」と語られた。
 最後に「命」について18歳の特攻隊員の遺書を紹介し、「“とにかく命が一番大事”と教えられた世代から、多くの自殺者や理解不能な動機による殺人者を出している今、特攻隊の若者のように、大事な命に代えても守らねばならないものを持つ事が、かえって自分の命も他者の命も大切にすることにつながる。」と結ばれた。
 白駒氏の感情豊かな語り口に130名余の参加者は大いに魅了された。

黙祷する参加者 声明文を読み上げる定野氏

 続いて正午の合図とともに黙祷。東京の全国戦没者追悼式に御臨席の天皇陛下の御言葉を拝聴。
 広島市議会議員・定野和広氏が「平和憲法では対応できない世界情勢に対する国民の改憲への意識の高まりに応えて、憲法改正の早期実現のために運動するとともに、首相の靖国神社参拝を定着させ、天皇陛下の御親拝の実現を目指す」旨の声明文を朗読し、参加者全員で「海行かば」を斉唱。県議会議員・石橋林太郎氏の挨拶をもって閉会となった。

トップに戻る
スポンサーサイト
  1. 2016/08/16(火) 20:39:14|
  2. 日本会議広島主催

8月6日 平成28年 8.6広島平和ミーティング開催 (広島市)

 
 今年も広島市中区のリーガロイヤル広島にて「世界漂流、日本の針路は?」と題し、8.6広島平和ミーティングが、日本会議広島・「日本の誇りセミナー」実行委員会主催で開催された。

 今回の講師は昨年に続きジャーナリストの櫻井よしこ氏と、憲法学者で日本大学教授の百地章氏、そして沖縄出身の立場から執筆活動をしている 兼次(かねし)映利加氏。

 国歌斉唱の後、原爆及び熊本地震の犠牲者の御霊に対し参加者全員で黙祷。松浦日本会議広島会長の主催者挨拶のあと、さっそく櫻井氏が講演された。

280806 (5) 280806 (12)

 「南シナ海問題で国際司法裁判所は中国の主張を退けたが、アメリカが最も聡明な中国政治家と評価していた戴秉国(タイヘイコク)でさえ、「中国は2千年前から領有しており裁定は紙クズ」という非常識な論理を展開し世界を驚かせた。この数カ月の間の尖閣をめぐる中国の行動は南シナ海と同じ侵略方法を取っており、日本人も中国に対しては話合いは通じず、自国を守るという断固とした力を持たねば、今後はどうなるかわからない事を痛感したはず。
 中国の横暴、またロシアの力によるクリミア半島併合、ISIS等によるテロの連鎖・・・これらの原因はオバマ政権にある。オバマ大統領が「アメリカは世界の警察ではない」と宣言した時から、世界の無秩序と混乱は始まった。海外の紛争に極力武力は使わず、交渉により解決できると踏んでいたオバマ氏の思惑は失敗であった。だが次期大統領候補のトランプ氏も、1930年代にナチスドイツの台頭を許した時と同じ「アメリカ第一主義」を唱えており、仮にトランプ氏が大統領にならなくても、「アメリカ第一主義」を支持した多数の世論のために次期政権もオバマ氏の政策を踏襲するだろう。
 このように、アメリカの世界秩序への関与は後退しつつも、国際法を守る側と守らない側との対立が顕著になっていくこれからの世界において、日本はどう進んでいくべきなのか。アジア諸国は、大国である日本が中国の膨張を食い止める事を期待し、さらにそれが日本の責任でもあると言っている。このように同じ価値観を持った国々と連携し、アメリカを鼓舞しつつ、経済力と軍事力のバランスを整え、国際法を守らない側に対し、協力して立ち向かっていくことが必要である。
 しかし現行憲法のもとでは不可能である。平和主義をうたった9条1項は堅持しつつも、いかなる武力も所持しないとした2項は変えねばならないし、そもそも他国に、国民の安全と生存を委ねるとした憲法前文を変えなければならない。残念ながら朝日新聞系アエラのアンケートではあるが、自衛としてでも戦争はすべきでなく、その理由として①日本にはどの国も攻めてくるはずはない ②アメリカが守ってくれる ③話し合えば相手は判ってくれる と挙げた人々が国民の中にはまだ多数いる。前述の過酷な世界情勢を見ようとしないこのような人に対し、本当の平和な世界を達成するためには、軍事力と言う力が必要だという現実論を展開していく必要がある。この会場にいる方々は憲法を改正しようという共通の意思を持った仲間である。アジアの平和を守っていく立派な日本人として共に歩んで行きましょう。」と述べられた。

280806 (18) 280806 (19)

 続いて地元の八重山日報や夕刊フジに記事を寄稿している兼次氏が「報道されない沖縄の真実」と題して講演。
 「私の書いた“武力を捨てたら平和が来るという考えは間違い”と言う記事に、驚くほど県内から賛意の反響があった。実際、沖縄で基地反対運動をしているのは県外から来た労働組合や学生運動経験者。現地のマスコミにより、地元の本当の声はかき消されている。沖縄県知事は国連で沖縄の自己決定権は奪われていると言ったが、地元民の決定権を奪っているのは、知事を支持する基地反対の人々の方。
 また沖縄独立を主張する団体が多くあるが、その会合を日本ではなく中国北京で行う団体もあり、不気味なものを感じる。沖縄は44年前にやっと念願の祖国復帰を果たしたのに、また祖国日本から切り離されようとしている。
 広島と沖縄はともに戦争で大きく傷ついただけに、強くなければ平和は守れないという真実を、国内に発信できる力を持つ共通の仲間。」と語られた。

 最後に百地氏が「世界は変わった 日本の憲法は?」と題して講演。
 「護憲派は改憲派が9条1項の平和主義も変えようとしていると誤った宣伝する。我々が手を付けたいのは1項ではなく2項である。2項で一切の武力をもたない事になっているがために、自衛隊は警察の延長としての治安組織とされ、危機迫る世界情勢に対応できていない。
 また現憲法には巨大地震やテロなどにより国会や政府が機能しなくなった場合の緊急事態条項が一切無い。災害対策基本法も憲法の制約を受けるため、現実的な早期救出や復旧の足かせとなっている。この件に対しては共産党を除くすべての野党も問題であると認識しているので,この点は多くの国民の理解も得られる。
 今回の選挙で初めて改憲勢力が2/3を上回り、国民の声も憲法改正派が護憲派を上回っている。そのせいか最近のマスコミの姿勢も変化しつつある。対して護憲派は崖っぷちに立っているだけに必死である。我々も彼らを凌駕する必死な運動を展開しなければならない。」と結ばれた。

280806 (14) 280806 (13)

 
 会場には約千三百名が集い、またニコニコ動画の生中継により全国で多くの視聴者が参加する事となった。




 


トップに戻る
  1. 2016/08/08(月) 19:49:12|
  2. 日本会議広島主催

6月19日 月刊正論「折節の記」担当 高山正之氏講演会開催(広島市)

 梅雨らしい天気が続く19日、 広島市中区八丁堀の広島YMCA国際文化センター国際文化ホールにて、日本会議広島 広島中央支部主催で、月刊正論「折節の記」担当 高山正之氏による講演会が開催された。
 
 国歌斉唱、熊本地震犠牲者への黙とう、肥後支部長の挨拶、中丸 啓前衆議院議員の来賓挨拶に続き、「アメリカ人にとっての広島の意味 ~オバマ大統領来広を機に~ 」と題して高山氏が講演。氏は産経新聞入社後、社会部デスクやテヘラン・ロサンゼルス支局長を歴任している。

 まず5月のオバマ来広について「オバマ大統領が広島に来た映像を見た時、そこで10万人の無辜の民が殺戮されたにもかかわらず、頭も下げなかった。それが私には無礼に思えて仕方がなかった。また「碑文の主語が誰なのか」を大統領に説明したのかも気になるが、どの報道機関も報じていない。私が記者なら真っ先にそこを書く。」と述べ、その思いの背景を次のように語った。

講演する高山氏 講演会の様子

 「当時日本は大東亜戦争開戦後、3か月で降伏させられると考えていたルーズベルト大統領の目論見に反して勝ち続け、それまで絶対的な力を持っていると思われていた白人達を、アジアの人々の前で屈服させた。日本によって白人神話を失墜させられ、植民地という貴重な搾取資源を全て手放さなければならなくなった欧米の人間にとって、原爆という圧倒的な力によって、日本を屈服させる必要があり、それをアメリカは実現させた。それゆえ彼らは広島長崎への原爆の投下は誇らしい事と考えている。もちろん彼らは表立っては,その事を口には出さず、原爆投下が終戦を早め日本人の犠牲を少なくしたなぞと言うが、それは苦しい言い訳に過ぎず、以下の事を見れば、彼らが原爆投下を誇りに思っている事は良くわかる。
 一つ目は広島への原爆投下機“エノラ・ゲイ”の機体を、人類の進歩に貢献した物を展示するスミソニアン博物館の別館に、原爆被害資料を一切抜きにして展示している事。二つ目は20世紀末に全米のジャーナリストと研究機関が発表した“20世紀を代表する100の事件”のトップが、人類が月へ行った事ではなく、日本に原爆を投下した事となっており、さらに3番目が真珠湾攻撃であった事。3つ目は原爆の研究・開発を行ったロスアラモスを戦後70年目に国立公園に指定した事など。」
 そして「私はアメリカを嫌いになれとは言っていない。ただ主張すべきことはきちんと主張する事が必要である。アメリカは日本への原爆投下に関する開発~投下~結果の記録映画を作成し、それを西暦2500年に開封されるタイムカプセルに収めた。封印する前にその映画を見た東京裁判の判事の一人、レーリングは「そこには投下前に3回も事前警告をした。」という大嘘が記録されていると語っている。この事実は日本側も知っていながら、現在まで誰も抗議をしていない。せめて五百年後までアメリカが仕組んだ嘘が引き継がれることを阻止するための主張ぐらいはするべきだと思う。」と締めくくられた。


トップに戻る
  1. 2016/06/23(木) 19:37:51|
  2. 日本会議広島主催

5月21日 拉致問題の風化を許さないin東広島(東広島市)

 東広島芸術文化ホール「くらら」にて「拉致問題の風化を許さない!!」実行委員会主催、東広島市・日本会議広島東広島支部後援で講演会が開催された。

 まず前衆議院議員の中丸ひろむ氏が拉致議連の状況について説明。「日本は拉致事案の解決方法を外交交渉のみに頼っている。その場に拉致議連の議員は隣席できない。当時、相手側も武官が多いので日本側も武官(自衛官)の臨席をお願いしたが、それも叶わなかった。今は議連はほとんど休眠状態にある。」と語られた。

中丸氏  荒木氏

 続いて特定失踪者問題調査会代表で、拓殖大学教授の荒木和博氏が、調査会が独自に作成した拉致手口の実演動画を見せながら「拉致は運の悪かった人の可哀そうな出来事と思っている日本人は多いが、拉致は今でも起こり得る(調査会独自リスト拉致疑惑最新公表事案は2003年)し,東広島の中心部で白昼でも簡単に出来てしまう。何時でもあなたの家族や自分自身に降りかかってくる事案である事を忘れないでほしい。政府認定は17名だが、実際は数百名の日本人が拉致された疑いがある。政府は17名以上を認めないのは、それだけ多数の人間を拉致され続けた不作為を認めたくないからである。拉致被害者を救い出すという明確な意志が首相にあれば、現憲法下でも方法はいくつかある。逆に憲法が変わっても首相にその意思が無ければ解決はしない。私たちは拉致被害者を必ず救い出してほしいというアピールを首相に出し続けて行かねばならない。」と講演をされた。

 講演のあと、拉致被害者のご家族2名が登壇し、兄や息子が拉致にあった当時の様子や心境を切々と語られた。






トップに戻る
  1. 2016/05/23(月) 18:21:18|
  2. その他の団体主催

4月24日 西村眞悟政局講演会(広島市)

 日本会議広島広島西支部主催の政局講演会が、西区民文化センター大ホールで開催され、前衆議院議員で保守運動の先駆者的存在である西村眞悟氏が「日本の国柄と憲法」と題し講演をされた。

               講演する西村氏 

 講演で氏は「憲法とは国のあり方で歴史と伝統に基づくものとされ、世間一般に言われている“憲法”は、それらを紙に記したもの。ところが昭和20年9月から27年4月の間、日本が主権を有しない占領期間に出来た“日本国憲法”は作成期間わずか9日間、25人の占領軍関係者で行われ、日本を永遠に米国の従属におく事を主な目的としたもの。そのため到底、歴史や伝統を反映した日本国の憲法とは言えない。」「仮に近未来に中国人民解放軍が朝鮮半島に侵攻し、そこで新たな占領憲法を制定したら、国際社会はもとより、日本国憲法を妄信している勢力も認めないであろう。それと同じものが日本国憲法なのである。」「近年の周辺国の情勢は非常に厳しく、国防は最大の福祉である以上,早急な新憲法の制定が急がれる。国民として平和の為には戦いに備えること、有事に際して決断力と処理能力のある指導者を選ぶことが必要。」と語られた。





トップに戻る
  1. 2016/04/26(火) 21:29:13|
  2. 日本会議広島主催
次のページ

プロフィール

Author:日本会議広島サイト管理人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日本会議広島主催 (34)
その他の団体主催 (7)
日本会議広島・支部主催行事 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。