FC2ブログ

日本会議広島 活動レポート

日本会議広島における活動の記録です

4月28日 天皇陛下御即位奉祝広島県委員会 設立総会ならびに記念講演 (広島市)

 
 平成の御代も、あと3日と迫った28日、広島市の国際会議場 ヒマワリにおいて、天皇陛下御即位奉祝広島県委員会 設立総会ならびに記念講演が、県内23自治体のうち市長町長16名、各議会の議長14名、各議会議員約70名を始め500名の奉祝委員参加のもと、盛大に開催された。
 最初に「天皇陛下 御即位から三十年」と題した内閣府制作の映画を上映。続いて国歌斉唱、皇居遥拝を行った。

映画上映 国歌斉唱

 奉祝広島県議員連盟会長を務める山木 広島県議会議長が開会の挨拶をされ、続いて①奉祝記念映像の上映促進 ②来年2月11日予定の奉祝記念式典の開催 ③地方議会における賀詞決議の推進 ④市町単位での祝賀記帳所の設置の推進 ⑤国民の祝意の機運を高めるための啓発活動 ⑥青少年に皇室の御聖徳を伝える教育事業 ⑦11月19日に行われる中央奉祝国民祭典への参加促進 等の事業計画案を、川原 奉祝委員会実行委員長が発表し、満場の拍手をもって承認された。
 つぎに奉祝委員長である深山 広島県商工会議所連合会会頭が「君民一体の日本の伝統を守り続け、奉祝に機運を盛り上げたい。」との式辞を述べられた。
 続いて元宮内庁掌典職・現三原市亀山神社宮司の潮 清史氏と、広島大学医学部長の秀 道広氏が登壇。潮氏は「掌典職、東宮職として天皇皇后両陛下ならびに皇太子殿下の間近でお仕えする中で、魂の髄まで震え上がる様な感動を経験した。」とし、秀氏は「権力を超越した権威を持つ天皇陛下とともに時代を歩めることは国民として幸せな事。」とそれぞれ祝辞を述べられた。
 奉祝委員会副会長の吉川 広島神社庁庁長の聖寿万歳、上野 奉祝委員の閉会の挨拶をもって設立総会は滞りなく終了した。

会場風景 松浦氏講演

 第二部は、歴史学者の松浦光修 皇學館大学教授が「皇室と国民の絆 ― 126代を貫く皇室の祈り」と題して講演された。
 氏は「天皇皇后両陛下が「皇室は祈り」と常々おっしゃられるが、神と国民を結び、また国民の安寧を祈る事は、神武天皇の代から連綿と引き継がれてきた、皇室にとって最も大切な事とされている。世界に皇帝はたくさん居たが、神の正当な子孫にして祀り主である皇帝は天皇陛下だけである。
 この事は日本国民として最低限知っておくべきことであるが、学校もマスコミも教えてはくれない。それどころかマスコミは興味本位で、反論する手段を持たない皇室を好き勝手に評論する。もともと占領軍による宮中祭祀の私的行為化や11宮家の臣籍降下、財産没収、医療費の全額負担などの圧迫改悪があった上であり、今の御皇室の方々は戦国時代より過酷な環境下にあると思う。
 そんな中でも両陛下は戦争で散華された英霊への御慰霊や、災害で被災された人々への御精励をされ続けた。硫黄島では行幸啓により、それまであった怪奇現象や霊障が無くなったという。東北大震災直後の、ほぼ毎週の日帰りによる御精励には驚嘆するばかりである。
 我々は敬神尊皇という日本人の柱を大切にし、皇恩に感謝し、聖寿万歳を祈りつつ、天皇に代わって英霊に感謝し、被災者に手を差し伸べる事が必要である。また女系天皇論などの皇統断絶、ゴシップによる国民との分断などの画策が、主にマスコミを中心に巧妙に仕組まれている。中国の資金がマスコミに流れている事を外国が報道している。このような日本人である幸せを知らない残念な人々の策略に注意警戒することも大切である。」と語られた。

トップに戻る
スポンサーサイト
  1. 2019/04/30(火) 20:25:13|
  2. その他の団体主催

4月21日 葛城奈海氏講演会(広島市)

 
 初夏らしい暑さのこの日、広島市西区民文化センターにて「国と自然を守るということ」 と題し、ジャーナリスト・女優の葛城奈海氏の講演会が開催された。
 冒頭、自らの来歴として「以前は戦後教育にどっぷりつかった反自衛隊、反天皇思想の持ち主だったが、大学で農学を専攻したことから自然環境に深く興味を持った。そして実際の農村での農作業を通じ、常に自然に畏敬と感謝の念を忘れない人々を目の当たりにして、日本人として連綿と引き継がれてきた文化や価値観の素晴らしさに気づき、その事が日本を守るという事へと繋がった。また学生時代は合気道に熱中したが、この合気道の精神が,実際に日本を守る事を担っている自衛隊の精神と繋がることに気付いた。」と述べられた。

5.jpg 7.jpg

 そして尖閣諸島への15回の渡航の経験と映像により、島の自然生態系の保全や漁業活動といった、専門分野の視点から尖閣諸島に日本が積極的にかかわることの大事さを説き、また島より近い順に中国公船・巡視船・葛城氏の乗る漁船という位置になっても、領海侵犯をしている中国公船そっちのけで漁船の島への接近の阻止に躍起になっている海上保安庁=それを指示する日本政府の「事なかれ主義」を批判された。そしてこの姿勢が、予備役ブルーリボンの会広報部会長という、もう一つの活動である北朝鮮による拉致被害者問題にも見えるとも語られた。
 最後に、大自然と調和しながら、共同体の一員として私より公を重んじる事を大切にしてきた日本人の本来の姿に立ち返るべきと結ばれた。


トップに戻る
  1. 2019/04/23(火) 20:50:09|
  2. 日本会議広島主催

2月11日 建国を祝う集い 開催(広島市)

 
 平成最後の建国記念日となったこの日、広島市中区の上野学園ホールにて建国記念の日奉祝委員会主催「奉祝 天皇陛下御即位30年 平成31年建国を祝う集い」が開催され1,200名以上の参加者があった。
 第一部の式典のオープニングとして、例年どおり広島文教女子高校和太鼓部「文教太鼓 葵」のメンバーが「文教奉納太鼓」「豊穣の花」を演奏。

会場風景 来賓式辞

 松浦雄一郎会長が「国民として御代替わりに対し厳粛に向き合うとともに、自らの意志と力で国を守れる国づくりを目指したい。」と開式の辞を述べ、国歌斉唱、橿原神宮拝礼のあと、来賓式辞として、衆議院議員 河井克行氏、知事代理・中下副知事、広島市長代理・岡村副市長が挨拶。河井氏は「昨年、私は朝鮮半島の38度線が対馬海峡に降りてくると話したが、昨今の韓国の日本への対応と北朝鮮との同化は,その時の発言通りに進んでいるように思われる。このような国際情勢の劇的変化に対応し、先人から受け継いだ日本国を守るためには、憲法改正しかない。」と述べられた。
 続いて皇室の事を学んでいる女子大生が、自らの皇居勤労奉仕団参加時の経験を中心に意見発表を行った。「神武天皇の即位建都の詔のなかで、民衆をオオミタカラと呼び、一つの家族として民衆が幸せであることが第一と書かれることに感激していたが、奉仕団に参加し両陛下の御会釈を賜った時の御姿から、2679年の時間を経ても、詔がそのままに受け継がれていることを感じた。」と語った。

聖寿万歳 奉納神楽

 歌披講、聖寿万歳の後、上野淳次副会長が「世界最古の歴史を誇る国の建国の日を知らない国民が多すぎる。今日は、国を守った先人の労苦を受け継ぎ、子孫に渡す事を決意する大事な日」と閉会の辞を述べ式典は終了した。
 第二部のアトラクションまでに時間を利用し、天皇陛下御在位30年を奉祝して、昨年12月に内閣府が作成した「ご即位から30年、常に国民とともに」と題するDVDを上演。続いて、まほろば教室の生徒の素読発表があった。
 アトラクションは奉納神楽として鈴張神楽団が、父・平将門の恨みを晴らすべく滝夜叉姫となった娘・五月姫を大宅中将光圀(おおやのちゅうじょうみつくに)が陰陽の霊術をもってめでたく退治する「滝夜叉姫」を舞った。


トップに戻る
  1. 2019/02/12(火) 18:19:37|
  2. その他の団体主催

12月23日 今上陛下に感謝を捧げる集い 開催 (広島市)

  天皇陛下の85歳のお誕生日にして平成最後の天皇誕生日であったこの日、護国神社悠久殿にて、今上陛下に感謝を捧げる集いが開かれ、約100名が参加した。
 上野日本会議広島理事のあいさつの後、国歌斉唱、皇居遥拝がおこなわれ、続いて陛下が傘寿の際に作成されたDVDの中から、陛下の御誕生から現代までの記録と、海外を中心とする国際交流の御様子などを抜粋した映像が上演された。

s301223 (2) s301223 (3)

  次にヒロシマ バッハ ソロイツ・呉市音楽家協会所属の平原雅啓氏のヴァイオリンと、ハママツ楽器ピアノ コントラバス講師の平井剛治氏のピアノによる記念演奏が行われた。冒頭のあいさつで平原氏は「伴奏が聞こえないほど元気な国歌斉唱に感動しました。私達も皇居に届くような演奏をします。」と言われ、「ヴェネツィアの風に吹かれて」「ヤシの実」「川の流れのように」「篤姫」「Born to smile」「情熱大陸」など、唱歌やスローテンポな曲を情感豊かに演奏する一方、ダイナミックな曲をパワフルに演奏し、参加者から割れんばかりの拍手を受けられた。
 そして最後に参加者全員で聖寿万歳を行い閉会した。
 
 


トップに戻る
  1. 2018/12/23(日) 20:33:10|
  2. 日本会議広島主催

 6月17日 30年度日本会議広島総会及び記念講演会 開催(広島市)

 
 平成30年度日本会議広島総会が、広島国際会議場 ダリアにて開催され、続いて内閣総理大臣補佐官 衛藤晟一参議院議員の国政報告と、政治外交評論家の江崎道朗氏による「安保危機迫る」と題した記念講演が行われた。

s300617 (6) s300617 (5)

 まず衛藤氏は尖閣問題を取り上げ「尖閣に関しては、決して中国の挑発に乗ってはならないと考えている。中国は挑発に乗った相手に対し、虚偽情報で国際世論を操作し不利に持っていくやり方を過去してきた。ゆえに何十年でも尖閣を現状のまま守り通すという体制の構築が必要である。このため安倍政権は海保増強などしているが、我が自民党の中で安保問題に熱心なのは極めて少数であり、なかなか思うようにはならない。憲法改正が進まないのもそこにある。誇張捏造のモリカケ問題は憲法改正を阻止したい勢力の仕掛けた攻撃であり、我々はさらなる努力をしていく必要がある。」

s300617 (2) s300617 (4)

 続いて江崎氏が米朝会談を中心に講演。「オバマ政権時には予算がないので北朝鮮を叩く気はないと言っていた太平洋方面司令部も、今年は全く違う態度であった。背景にはトランプ政権による軍事予算の大幅増額があった。このような態度を見て、北朝鮮は会談に応じたと考えるべき。親中対北融和派の米国務省は今回の会談では排除された。しかし国務省は世界のマスコミを通じ,会談の内容を意図的に捻じ曲げた。トランプは金正恩の命は当面奪わないと言っただけで,体制の保証などは言及していない。また安倍首相が蚊帳の外におかれたという見解も国務省サイドを通じて流布されているが、当事者間の話では、トランプに会談の方向性を説明するのに、強硬派は安倍氏を頼ったというのが真実である。
 北朝鮮と交戦することとなった場合、中国が北を支援したり、尖閣や台湾に対し、隙を見て侵攻することが予想される。またロシアも北方領土はおろか、北海道を狙ってくる。中国の軍事予算は想定50兆円以上だが、日本は5兆円で、対アジア方面の米軍予算も20兆円であるため、力量の差は広がるばかりである。このため今年になってアメリカは、中国の対米黒字を削ぐために貿易戦争を始めた。
 日本としては国防費を増額し、有事の際に日本海方面と南西方面を同時に守れる体制を築く必要があるのに、財務省は予算を出さない。私は日本の安全保障を妨げる要因としては、朝日新聞などの国内マスコミより、財務省のほうが罪は深いと思っている。また衛藤氏も述べたが、与党自民党の中でも安倍氏を支えているのは極少数であることも、憂慮すべき状態であると考えている。」と述べられた。




トップに戻る
  1. 2018/06/19(火) 18:22:44|
  2. 日本会議広島主催
次のページ

プロフィール

日本会議広島サイト管理人

Author:日本会議広島サイト管理人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日本会議広島主催 (43)
その他の団体主催 (12)
日本会議広島・支部主催行事 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR