FC2ブログ

日本会議広島 活動レポート

日本会議広島における活動の記録です

8月15日 第28回 戦歿者追悼平和祈念の集い 開催(広島市)

 
 台風10号の直撃により、大荒れの天気が予想された74年目の終戦記念日に、広島市中区の広島護国神社にて英霊感謝祭が執り行われ、つづいて同神社参集殿にて日本会議広島主催・第28回戦歿者追悼平和祈念の集いが開催され、ほとんどすべての公共交通機関が停止したにもかかわらず100名以上の参加者があった。

赤坂氏と水上氏 声明文朗読

 記念講演として「1945年夏-満州の悲劇はなぜ起きたか」と題し、作家で元中国残留孤児の赤崎 大氏が講演された。
「満蒙開拓団により満州の地は豊かな大地となったが、ソ連は虎視眈々と不凍港と肥沃な大地を狙っていた。それでも強力な関東軍がいる間は手を出せなかったが、関東軍の主力が南方戦線へ駆り出され、日本の戦況が不利とみると条約を破って満州に侵攻してきた。我々は突然の侵攻に、あわてて逃げたが捕まり強制収容所に入れられた。マイナス30度の寒さの中でもムシロ1枚しか与えられず、コウリャンを水に溶かして食べて飢えをしのいだ。そのなかで母は妊婦の身にもかかわらず、労役に駆り出され,やっと出産した赤ん坊も名前を付ける前に死んだ。その後も妹二人が1か月の間に相次いで亡くなり、残った子供は私と兄だけとなった。何としても残った子供だけでも守ろうとした母自身も無念のうちに亡くなり、兄と私は孤児となった。父も出征しシベリア送りにされたようだが亡くなったことを後に聞いた。幸い昭和28年に日本に帰る事が出来たが、残留中に中国により洗脳教育をうけ、共産主義思想をもった。しかし歴史上最も多くの民衆を殺した指導者が毛沢東であり、2番目がスターリンと共に共産主義者であることなどを知り目覚めた。
 満州の悲劇はなぜ起きたかというと、関東軍という強力な武力による防衛力がなくなったことと、目的の為なら条約を破り民衆の殺戮を平気で行う共産主義のためだったと言える。憲法9条により武力行使を制限されている一方で、中国や北朝鮮など共産主義国と隣接している今の日本の状況では、満州の悲劇の再来を招く気がする。一刻も早い憲法改正を望む。」と述べられ、
 「終戦の混乱時に大陸において朝鮮人に性的暴行を受けた日本人婦女子の数は、慰安婦の数よりはるかに多い。」と慰安婦問題をたびたび声高に主張する韓国にも苦言を呈された。

 正午の合図とともに黙祷。東京の全国戦没者追悼式に御臨席の天皇陛下の御言葉を拝聴。続いてピアニストの水上裕子氏により、満州に残された方々を想い作られた曲などの生演奏が行われた。

 「御英霊の不屈の精神と誇り高き民族の血が我々にもあることを信じ、御英霊が身を挺して守ろうとした美しい祖国日本を取り戻すために邁進する」との決意を示す声明文を朗読、「海ゆかば」を斉唱し閉会となった。
 

トップに戻る
スポンサーサイト



  1. 2019/08/16(金) 20:46:15|
  2. 日本会議広島主催

 6月29日 令和元年度日本会議広島総会及び記念講演会 開催(広島市)

 
 本格的な梅雨の季節に入った29日、広島市の広島国際会議場ダリアにて、令和元年度日本会議広島総会と記念講演会が開催された。

 総会では天皇陛下御即位奉祝活動、憲法改正実現や拉致・教育問題に関する国民運動、参議院選挙などの選挙支援、歴史認識・英霊顕彰に関する活動などの議案が承認された。

 記念講演会では、まず上野日本会議広島理事が「不変の極致である万世一系を断ち切るような女系天皇容認の皇室典範には変えてはならない。変えなければならないのは日本国憲法である。」と挨拶。

310629総会 (0)

310629総会 (1)

 次に衛藤晟一内閣総理大臣補佐官が国政報告をされた。「約二百年ぶりと言われる御譲位がつつがなく進んで安堵している。上皇陛下が御譲位を表明された時、正直驚いたが介護法案を推進した身としては“高齢により全身全霊をもって国民統合の象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じる”という御言葉で得心し、政府中枢として御譲位の手続きを進めてきた。そして令和という元号となったが、昭和54年に元号法が成立していなかったならば、元号そのものがなかったかもしれない。当時は日本会議とともに法案成立に奔走した。改憲についても自民党の綱領から改憲を外す意向が示されたとき、若手議員であった安倍氏や故・中川氏とともに党執行部と激烈な議論の末、思い止まらせた。」と述べられ、女系天皇論については「占領軍による昭和21年の十一宮家の臣籍降下がなければ、皇統を有する25歳以上の男子は10人もいる。女性宮家を議論する必要はない。御譲位も終ったので、これからは皇室の伝統を守る戦いをするつもりである。そのためにも7月の参議院選挙での当選のバックアップをお願いしたい。」と結ばれた。

310629総会 (9) 310629総会 (11)

 続いて安全保障、インテリジェンス、近現代史研究を専門とする評論家の江崎道朗氏が「日本分裂を防いだ皇室の伝統」と題して記念講演をされた。まず女系天皇問題に際し「現行憲法でも第二条に“皇位は世襲に基づき”とあり、世襲とは男系相続の意義に解するとの井出成三解釈が出されているので、女系はあり得ない。現憲法を改憲保守勢力は嫌う傾向があるが、もっと深く読み勉強してもらいたい。」とされた。
 「憲法には条文と解釈がある。吉田茂氏がいた時代、占領軍に押し付けられた新憲法に対し、“宮中祭祀については明記されていないが、禁止とも書かれていないので先例を踏襲する”など、解釈という形で日本と皇室の伝統を守ってきた。その点では当時の政治家は日本を守るという気概と情熱があった。ところが三木武夫氏の時代あたりから、内閣法制局の言いなりになり、国が大嘗祭を行えない事となった。これに対し当時皇太子であった上皇陛下は、戦国の戦乱の為、大嘗祭も皇居の補修も出来なかったにもかかわらず、国民の困窮を案じられ“朕、民の父母として、徳、覆ふこと能(あた)はず。甚だ自ら痛む”と書かれた後奈良天皇の写経の奥書に触れて、天皇の立場について新聞に文書回答された。これに奮起した心ある議員たちが内閣法制局と渡り合い、国事行為としての大嘗祭を復活させた。現在、憲法に対し国益と皇室の伝統をまもるために、解釈で対抗する事が出来る吉田茂時代のような国会議員は20人足らずであり、内閣法制局と討論できる能力のある人はさらに少ない。衛藤議員はその中の一人である。
 また細川首相の侵略発言や村山談話などの、国のために尽くした英霊に対し侵略者の烙印を押す発言が連続した平成はじめの時期に、上皇・上皇后両陛下は国に尽くした御英霊についての御製御歌を数多く読まれた。このことがご遺族の心を慰めるとともに、侵略容認の議会議決を阻止する原動力となった。」と述べられ、最後に「御皇室が国民との絆を伝統として継承し大切にしてこられた事に呼応するように、皇室との絆を大切にする“国民の伝統”を我々も継承していく必要がある。」と結ばれた。

トップに戻る
  1. 2019/07/01(月) 19:41:13|
  2. 日本会議広島主催

4月28日 天皇陛下御即位奉祝広島県委員会 設立総会ならびに記念講演 (広島市)

 
 平成の御代も、あと3日と迫った28日、広島市の国際会議場 ヒマワリにおいて、天皇陛下御即位奉祝広島県委員会 設立総会ならびに記念講演が、県内23自治体のうち市長町長16名、各議会の議長14名、各議会議員約70名を始め500名の奉祝委員参加のもと、盛大に開催された。
 最初に「天皇陛下 御即位から三十年」と題した内閣府制作の映画を上映。続いて国歌斉唱、皇居遥拝を行った。

映画上映 国歌斉唱

 奉祝広島県議員連盟会長を務める山木 広島県議会議長が開会の挨拶をされ、続いて①奉祝記念映像の上映促進 ②来年2月11日予定の奉祝記念式典の開催 ③地方議会における賀詞決議の推進 ④市町単位での祝賀記帳所の設置の推進 ⑤国民の祝意の機運を高めるための啓発活動 ⑥青少年に皇室の御聖徳を伝える教育事業 ⑦11月19日に行われる中央奉祝国民祭典への参加促進 等の事業計画案を、川原 奉祝委員会実行委員長が発表し、満場の拍手をもって承認された。
 つぎに奉祝委員長である深山 広島県商工会議所連合会会頭が「君民一体の日本の伝統を守り続け、奉祝に機運を盛り上げたい。」との式辞を述べられた。
 続いて元宮内庁掌典職・現三原市亀山神社宮司の潮 清史氏と、広島大学医学部長の秀 道広氏が登壇。潮氏は「掌典職、東宮職として天皇皇后両陛下ならびに皇太子殿下の間近でお仕えする中で、魂の髄まで震え上がる様な感動を経験した。」とし、秀氏は「権力を超越した権威を持つ天皇陛下とともに時代を歩めることは国民として幸せな事。」とそれぞれ祝辞を述べられた。
 奉祝委員会副会長の吉川 広島神社庁庁長の聖寿万歳、上野 奉祝委員の閉会の挨拶をもって設立総会は滞りなく終了した。

会場風景 松浦氏講演

 第二部は、歴史学者の松浦光修 皇學館大学教授が「皇室と国民の絆 ― 126代を貫く皇室の祈り」と題して講演された。
 氏は「天皇皇后両陛下が「皇室は祈り」と常々おっしゃられるが、神と国民を結び、また国民の安寧を祈る事は、神武天皇の代から連綿と引き継がれてきた、皇室にとって最も大切な事とされている。世界に皇帝はたくさん居たが、神の正当な子孫にして祀り主である皇帝は天皇陛下だけである。
 この事は日本国民として最低限知っておくべきことであるが、学校もマスコミも教えてはくれない。それどころかマスコミは興味本位で、反論する手段を持たない皇室を好き勝手に評論する。もともと占領軍による宮中祭祀の私的行為化や11宮家の臣籍降下、財産没収、医療費の全額負担などの圧迫改悪があった上であり、今の御皇室の方々は戦国時代より過酷な環境下にあると思う。
 そんな中でも両陛下は戦争で散華された英霊への御慰霊や、災害で被災された人々への御精励をされ続けた。硫黄島では行幸啓により、それまであった怪奇現象や霊障が無くなったという。東北大震災直後の、ほぼ毎週の日帰りによる御精励には驚嘆するばかりである。
 我々は敬神尊皇という日本人の柱を大切にし、皇恩に感謝し、聖寿万歳を祈りつつ、天皇に代わって英霊に感謝し、被災者に手を差し伸べる事が必要である。また女系天皇論などの皇統断絶、ゴシップによる国民との分断などの画策が、主にマスコミを中心に巧妙に仕組まれている。中国の資金がマスコミに流れている事を外国が報道している。このような日本人である幸せを知らない残念な人々の策略に注意警戒することも大切である。」と語られた。

トップに戻る
  1. 2019/04/30(火) 20:25:13|
  2. その他の団体主催

4月21日 葛城奈海氏講演会(広島市)

 
 初夏らしい暑さのこの日、広島市西区民文化センターにて「国と自然を守るということ」 と題し、ジャーナリスト・女優の葛城奈海氏の講演会が開催された。
 冒頭、自らの来歴として「以前は戦後教育にどっぷりつかった反自衛隊、反天皇思想の持ち主だったが、大学で農学を専攻したことから自然環境に深く興味を持った。そして実際の農村での農作業を通じ、常に自然に畏敬と感謝の念を忘れない人々を目の当たりにして、日本人として連綿と引き継がれてきた文化や価値観の素晴らしさに気づき、その事が日本を守るという事へと繋がった。また学生時代は合気道に熱中したが、この合気道の精神が,実際に日本を守る事を担っている自衛隊の精神と繋がることに気付いた。」と述べられた。

5.jpg 7.jpg

 そして尖閣諸島への15回の渡航の経験と映像により、島の自然生態系の保全や漁業活動といった、専門分野の視点から尖閣諸島に日本が積極的にかかわることの大事さを説き、また島より近い順に中国公船・巡視船・葛城氏の乗る漁船という位置になっても、領海侵犯をしている中国公船そっちのけで漁船の島への接近の阻止に躍起になっている海上保安庁=それを指示する日本政府の「事なかれ主義」を批判された。そしてこの姿勢が、予備役ブルーリボンの会広報部会長という、もう一つの活動である北朝鮮による拉致被害者問題にも見えるとも語られた。
 最後に、大自然と調和しながら、共同体の一員として私より公を重んじる事を大切にしてきた日本人の本来の姿に立ち返るべきと結ばれた。


トップに戻る
  1. 2019/04/23(火) 20:50:09|
  2. 日本会議広島主催

2月11日 建国を祝う集い 開催(広島市)

 
 平成最後の建国記念日となったこの日、広島市中区の上野学園ホールにて建国記念の日奉祝委員会主催「奉祝 天皇陛下御即位30年 平成31年建国を祝う集い」が開催され1,200名以上の参加者があった。
 第一部の式典のオープニングとして、例年どおり広島文教女子高校和太鼓部「文教太鼓 葵」のメンバーが「文教奉納太鼓」「豊穣の花」を演奏。

会場風景 来賓式辞

 松浦雄一郎会長が「国民として御代替わりに対し厳粛に向き合うとともに、自らの意志と力で国を守れる国づくりを目指したい。」と開式の辞を述べ、国歌斉唱、橿原神宮拝礼のあと、来賓式辞として、衆議院議員 河井克行氏、知事代理・中下副知事、広島市長代理・岡村副市長が挨拶。河井氏は「昨年、私は朝鮮半島の38度線が対馬海峡に降りてくると話したが、昨今の韓国の日本への対応と北朝鮮との同化は,その時の発言通りに進んでいるように思われる。このような国際情勢の劇的変化に対応し、先人から受け継いだ日本国を守るためには、憲法改正しかない。」と述べられた。
 続いて皇室の事を学んでいる女子大生が、自らの皇居勤労奉仕団参加時の経験を中心に意見発表を行った。「神武天皇の即位建都の詔のなかで、民衆をオオミタカラと呼び、一つの家族として民衆が幸せであることが第一と書かれることに感激していたが、奉仕団に参加し両陛下の御会釈を賜った時の御姿から、2679年の時間を経ても、詔がそのままに受け継がれていることを感じた。」と語った。

聖寿万歳 奉納神楽

 歌披講、聖寿万歳の後、上野淳次副会長が「世界最古の歴史を誇る国の建国の日を知らない国民が多すぎる。今日は、国を守った先人の労苦を受け継ぎ、子孫に渡す事を決意する大事な日」と閉会の辞を述べ式典は終了した。
 第二部のアトラクションまでに時間を利用し、天皇陛下御在位30年を奉祝して、昨年12月に内閣府が作成した「ご即位から30年、常に国民とともに」と題するDVDを上演。続いて、まほろば教室の生徒の素読発表があった。
 アトラクションは奉納神楽として鈴張神楽団が、父・平将門の恨みを晴らすべく滝夜叉姫となった娘・五月姫を大宅中将光圀(おおやのちゅうじょうみつくに)が陰陽の霊術をもってめでたく退治する「滝夜叉姫」を舞った。


トップに戻る
  1. 2019/02/12(火) 18:19:37|
  2. その他の団体主催
次のページ

プロフィール

日本会議広島サイト管理人

Author:日本会議広島サイト管理人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日本会議広島主催 (45)
その他の団体主催 (12)
日本会議広島・支部主催行事 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR