FC2ブログ

日本会議広島 活動レポート

日本会議広島における活動の記録です

4月28日 天皇陛下御即位奉祝広島県委員会 設立総会ならびに記念講演 (広島市)

 
 平成の御代も、あと3日と迫った28日、広島市の国際会議場 ヒマワリにおいて、天皇陛下御即位奉祝広島県委員会 設立総会ならびに記念講演が、県内23自治体のうち市長町長16名、各議会の議長14名、各議会議員約70名を始め500名の奉祝委員参加のもと、盛大に開催された。
 最初に「天皇陛下 御即位から三十年」と題した内閣府制作の映画を上映。続いて国歌斉唱、皇居遥拝を行った。

映画上映 国歌斉唱

 奉祝広島県議員連盟会長を務める山木 広島県議会議長が開会の挨拶をされ、続いて①奉祝記念映像の上映促進 ②来年2月11日予定の奉祝記念式典の開催 ③地方議会における賀詞決議の推進 ④市町単位での祝賀記帳所の設置の推進 ⑤国民の祝意の機運を高めるための啓発活動 ⑥青少年に皇室の御聖徳を伝える教育事業 ⑦11月19日に行われる中央奉祝国民祭典への参加促進 等の事業計画案を、川原 奉祝委員会実行委員長が発表し、満場の拍手をもって承認された。
 つぎに奉祝委員長である深山 広島県商工会議所連合会会頭が「君民一体の日本の伝統を守り続け、奉祝に機運を盛り上げたい。」との式辞を述べられた。
 続いて元宮内庁掌典職・現三原市亀山神社宮司の潮 清史氏と、広島大学医学部長の秀 道広氏が登壇。潮氏は「掌典職、東宮職として天皇皇后両陛下ならびに皇太子殿下の間近でお仕えする中で、魂の髄まで震え上がる様な感動を経験した。」とし、秀氏は「権力を超越した権威を持つ天皇陛下とともに時代を歩めることは国民として幸せな事。」とそれぞれ祝辞を述べられた。
 奉祝委員会副会長の吉川 広島神社庁庁長の聖寿万歳、上野 奉祝委員の閉会の挨拶をもって設立総会は滞りなく終了した。

会場風景 松浦氏講演

 第二部は、歴史学者の松浦光修 皇學館大学教授が「皇室と国民の絆 ― 126代を貫く皇室の祈り」と題して講演された。
 氏は「天皇皇后両陛下が「皇室は祈り」と常々おっしゃられるが、神と国民を結び、また国民の安寧を祈る事は、神武天皇の代から連綿と引き継がれてきた、皇室にとって最も大切な事とされている。世界に皇帝はたくさん居たが、神の正当な子孫にして祀り主である皇帝は天皇陛下だけである。
 この事は日本国民として最低限知っておくべきことであるが、学校もマスコミも教えてはくれない。それどころかマスコミは興味本位で、反論する手段を持たない皇室を好き勝手に評論する。もともと占領軍による宮中祭祀の私的行為化や11宮家の臣籍降下、財産没収、医療費の全額負担などの圧迫改悪があった上であり、今の御皇室の方々は戦国時代より過酷な環境下にあると思う。
 そんな中でも両陛下は戦争で散華された英霊への御慰霊や、災害で被災された人々への御精励をされ続けた。硫黄島では行幸啓により、それまであった怪奇現象や霊障が無くなったという。東北大震災直後の、ほぼ毎週の日帰りによる御精励には驚嘆するばかりである。
 我々は敬神尊皇という日本人の柱を大切にし、皇恩に感謝し、聖寿万歳を祈りつつ、天皇に代わって英霊に感謝し、被災者に手を差し伸べる事が必要である。また女系天皇論などの皇統断絶、ゴシップによる国民との分断などの画策が、主にマスコミを中心に巧妙に仕組まれている。中国の資金がマスコミに流れている事を外国が報道している。このような日本人である幸せを知らない残念な人々の策略に注意警戒することも大切である。」と語られた。

トップに戻る
スポンサーサイト



  1. 2019/04/30(火) 20:25:13|
  2. その他の団体主催

2月11日 建国を祝う集い 開催(広島市)

 
 平成最後の建国記念日となったこの日、広島市中区の上野学園ホールにて建国記念の日奉祝委員会主催「奉祝 天皇陛下御即位30年 平成31年建国を祝う集い」が開催され1,200名以上の参加者があった。
 第一部の式典のオープニングとして、例年どおり広島文教女子高校和太鼓部「文教太鼓 葵」のメンバーが「文教奉納太鼓」「豊穣の花」を演奏。

会場風景 来賓式辞

 松浦雄一郎会長が「国民として御代替わりに対し厳粛に向き合うとともに、自らの意志と力で国を守れる国づくりを目指したい。」と開式の辞を述べ、国歌斉唱、橿原神宮拝礼のあと、来賓式辞として、衆議院議員 河井克行氏、知事代理・中下副知事、広島市長代理・岡村副市長が挨拶。河井氏は「昨年、私は朝鮮半島の38度線が対馬海峡に降りてくると話したが、昨今の韓国の日本への対応と北朝鮮との同化は,その時の発言通りに進んでいるように思われる。このような国際情勢の劇的変化に対応し、先人から受け継いだ日本国を守るためには、憲法改正しかない。」と述べられた。
 続いて皇室の事を学んでいる女子大生が、自らの皇居勤労奉仕団参加時の経験を中心に意見発表を行った。「神武天皇の即位建都の詔のなかで、民衆をオオミタカラと呼び、一つの家族として民衆が幸せであることが第一と書かれることに感激していたが、奉仕団に参加し両陛下の御会釈を賜った時の御姿から、2679年の時間を経ても、詔がそのままに受け継がれていることを感じた。」と語った。

聖寿万歳 奉納神楽

 歌披講、聖寿万歳の後、上野淳次副会長が「世界最古の歴史を誇る国の建国の日を知らない国民が多すぎる。今日は、国を守った先人の労苦を受け継ぎ、子孫に渡す事を決意する大事な日」と閉会の辞を述べ式典は終了した。
 第二部のアトラクションまでに時間を利用し、天皇陛下御在位30年を奉祝して、昨年12月に内閣府が作成した「ご即位から30年、常に国民とともに」と題するDVDを上演。続いて、まほろば教室の生徒の素読発表があった。
 アトラクションは奉納神楽として鈴張神楽団が、父・平将門の恨みを晴らすべく滝夜叉姫となった娘・五月姫を大宅中将光圀(おおやのちゅうじょうみつくに)が陰陽の霊術をもってめでたく退治する「滝夜叉姫」を舞った。


トップに戻る
  1. 2019/02/12(火) 18:19:37|
  2. その他の団体主催

5月3日 憲法を考えるつどい開催 (広島市)

 
 憲法記念日のこの日、美しい日本の憲法を作る広島県民の会主催で「憲法を考えるつどい」が県内のすべての7小選挙区を網羅する9会場で開催された。そのうち広島市中区の広島グリーンアリーナでは約80名の参加があった。 

 国歌斉唱、主催者あいさつに続き、地元選出の岸田文雄 自民党政調会長並びに、櫻井よしこ 美しい日本の憲法を作る国民の会共同代表からのビデオメッセージが流された。この中で岸田氏は「憲法は国民のものであり、国民の意思がなければ改憲はできない。」とされ、櫻井氏は「70年間で国際情勢は大きく変化した。そして今ほど改憲の好機はない。9条の全面改正にこだわる事も大切だが、そのために好機を逸することは避けねばならない。今は自衛隊の明記という、いわば1ミリでも前進することが我が世代の責務である。発議は国会だが、決めるのは国民である以上、賢い国民となるべく一緒に勉強し、疑問を持ち、それを解決すべく、ともに歩んでいきましょう。」と述べられた。

 この後、身を挺し国民を守る自衛隊の活躍を伝えたビデオ「今そこにある危機と自衛隊」が上映された。なおこのDVDは上映協力金一口千円で入手できる。

櫻井氏のビデオメッセージ DVD上映

 次に宮島の大本山大聖院座主で京都仁和寺執行長でもある、吉田正裕氏が登壇された。氏は「中国に侵略されたチベットとの交流をしている会の代表という立場から、ダライラマ法王と付き合いがあり、自分の国は自分で守る必要性を痛感し、僧侶ながらこうして憲法改正の集いに参加した。また日本人のDNAには報恩感謝があり、国民のために働く自衛隊に感謝するためにも、自衛隊が憲法に明記されるべきと考えている。」とされ、執行長を務められている京都仁和寺と皇室とのかかわりなどを交えつつ、改憲について語られた。

 そのあと緒方、畑石 両県議および山路、八軒 両広島市議が提言。緒方氏「16年前の県議当選の時には改憲など口にできる時代ではなかった。今こそチャンスであり、最終目標である自主憲法制定まで決して歩みを止めてはならない。」 畑石氏「国防と自治会はよく似ており、皆が誰かがやってくれると思っている。これは権利ばかりで義務の表記の少ない憲法によるところが大きい。」 山路氏「護憲派が言うところの9条が国民を守っているとはとても思えない。」 八軒氏「国民全員を納得させる改憲内容などない。いたずらに時間を浪費している間も自衛隊は国民のために命を賭して任務を遂行している。某国へ派遣された隊員の話では、政治家が非武装地帯と言って派遣した場所でも、実際は銃声が周囲でしているような場所だったそうである。」と語られた。

講演する吉田正裕氏 安倍首相のビデオメッセージ

 ここで予定外の安倍総理大臣からの改憲に対するビデオメッセージが流されるサプライズもあった。

 最後に国会に対し速やかな憲法改正の発議を求めるとともに、世論喚起のための母体として啓発活動を推進することを誓う旨の声明文を朗読して閉会となった。

トップに戻る
  1. 2018/05/07(月) 18:26:44|
  2. その他の団体主催

5月3日 5.3広島憲法フォーラム 開催(広島市)

 
 憲法記念日の3日、広島市の広島県立総合体育館 地下1階大会議室において、美しい日本の憲法をつくる広島県民の会主催で「5.3広島憲法フォーラム」が、東京の砂防会館別館大ホールで行われている「第19回憲法フォーラム」にインターネット中継で参加する形で開催された。
 中継では最初に安倍総理が、2020年には自衛隊を憲法に位置づける旨の発言がビデオメッセージで告げられ、首相が憲法改正について初めて具体的発言をされた事に、大きく勇気づけられたとの声が東京会場でも聞かれた。
 次にこれまでの憲法改正の国民運動の成果として、全都道府県に県民の会が結成され、36都府県で議会決議がなされ、国会議員署名も超党派415名となった事、そして1000万賛同者署名も9,224,230名に達した事が発表された。
 また今後の展開として国民啓発のための広報活動として「KAIKENチャンネル」(←クリック)の活用などが表明された。

会場の様子 安倍総理のビデオメッセージ

 フォーラムでは櫻井よしこ代表が「内閣や国会は、両院の憲法審査会が動かなければ何もできない。にもかかわらず両会の開催状況はきわめて悪い。世論調査でも67%の人が審査会の活発な議論を求めている。」と参加議員を鼓舞。これに対し登壇した古屋・自民党衆院憲法審査会幹事、遠山・公明党憲法調査会事務局長、足立・日本維新の会衆院憲法調査会委員の三氏はそれぞれ「民進党による流会申し出などがあったりし、審査会の運営は忍耐を要するものとなっている。しかし微速ながらも前に進んでいます。」などと回答された。さらに櫻井代表からは「創価学会婦人部の方々に対し改憲を説得できますか」と、遠山氏にシビアな質問がなされたが、氏は「説得する自信はあります。」と回答。さらに古屋氏が「私もその場に参加して遠山氏を助けたい。」と応援する一幕もあった。

会場の様子 声明文発表

 最後に「国会で改憲勢力が2/3以上を占めた。内外情勢は深刻な状況にあり、速やかに憲法に自衛隊を明記する必要がある、また首都圏直下型や南海トラフ地震などの発生が現実性を帯びる中、現憲法に緊急事態条項が無い事は根本的欠陥である。国民は憲法改正議論の具体的な進展を望んでいる事は各種世論調査により明らかである。それゆえ各党に対し、憲法改正原案を提示し国会発議と国民投票を速やかに実現する事を要望する旨の決議文が発表され、満場の拍手を持って採択され閉会した。
 広島会場では約120名超の参加者が中継を視聴したが、尾道、福山市ほか全国約30カ所でも中継参加が行われた。

トップに戻る
  1. 2017/05/08(月) 19:24:58|
  2. その他の団体主催

2月11日 建国を祝う集い 開催(広島市)

 強い寒波により連日北部を中心に降雪が続く中の祝日となったこの日、広島市中区白島の上野学園ホールにて、建国記念の日奉祝委員会主催で「建国を祝う集い」が開催された。天候不順で交通に支障が出る恐れもあったにもかかわらず、約千二百名の参加者があった。

 開会に先立ち例年どおり、広島文教女子大学附属高校和太鼓部による「文教太鼓 葵」が披露された。次に主催者の松浦雄一郎会長から開会の式辞があり、続いて広島音楽高等学校声楽科、東京藝術大学音楽学部声楽科を経て、演奏団体「音ノ葉」を主宰しているソプラノ歌手・小野田 薫氏による国歌独唱、参加者全員による国歌斉唱、橿原神宮拝礼が執り行われた。そして来賓を代表して河井克行 衆議院議員、 高垣広徳 副知事、室田哲男 広島副市長から祝辞を賜った。 

文教太鼓 葵 国歌独唱

 河井氏は建国記念日の安倍首相のメッセージを引用しつつ「アジアにおける中国抑止への期待、アフリカでの現地目線での支援など、欧米はもとより世界中が日本を強く求める時代が来た。我々は日本を発展させ続けた先人に感謝し、世界に貢献し尊敬を集める優しい国づくりを行っていきましょう。」と述べられた。また高垣氏と室田氏からは、仕事や暮らしに活気あふれ安心して暮らせる広島県・市とする事が我が国の発展繁栄につながる、との知事及び市長のメッセージが伝えられた。
 主催者側からは、本集いは政府や自治体が建国記念の日に主催式典を開催してもらいたいとの願いから始まり、今年で37回を数えるに至ったが、いまだ実現が叶っていない。隣の愛媛県では、自治体が共催者となって祝う集いを開催するようになったと聞く。来賓の方々におかれては一層の尽力をお願いしたいとのメッセージが送られた。

 次に群馬県在住のウクライナ人 ナザレンコ・アンドリー君による青年意見発表が行われた。「祖国ウクライナは、八百年以上も他国の植民地であった。その間、今のチベットやウイグルと同じような激しい弾圧を受け続けた。そしてやっと独立した今現在でもロシアの介入により、戦いでその独立を守らなければならない。私の故郷は戦線まで200キロメートルで、戦闘に負ければ数時間後に故郷は消滅してしまう。そのような私から見ると日本は非常に恵まれている。今の日本人は、祖先たちが苦労して2677年の間ずっと日本のまま来ることが出来た事に感謝し、その使命を受け継いで日本人の価値観と正しい歴史認識を後世に伝えていかなければならない。祖先との一体感と連帯感があれば、国家は亡びることはない。祖国は一つしかない大切なもの。この事を多くの人々が理解していれば、千年後も日本人は今日と同じように建国記念日を祝う事が出来る。」と述べられた。

河井氏あいさつ 青年意見発表


 両陛下の御製御歌の歌披講の後、万歳三唱、上野淳次副会長による閉式の辞があり第一部を終了した。
 次に「まほろば素読教室」の園児児童が登壇。教育勅語や様々な古典の一節の暗唱を行い、会場から大きな拍手を浴びた。

素読教室生徒登壇 記念講演

 このあと第二部として順天堂大学医学部心臓血管外科教授・順天堂医院院長の 天野 篤先生による記念講演が行われた。先生の専門は心臓血管外科、虚血性心疾患、弁膜症に関する研究で、平成24年2月18日に今上天皇の狭心症冠動脈バイパス手術を執刀したことで一躍有名となった。
 「実父の心臓手術に助手として参加した時に判断ミスで死亡させてしまった事から、外科医を辞めようとしたが、「国家の損失になる」と慰留された。天皇陛下の手術を成功させたことで、その慰留は正しかったと言えるかもしれない。手術を行うに際し陛下にご説明をさせていただいたが、緊張で滝のような汗が出た。でも他の医師も尊敬語と謙譲語と丁寧語が滅茶苦茶な説明をしていた。」と笑いを誘う発言をしつつ、陛下と接せられた体験から「陛下は、目の前に出された事柄に対し、いつも御自身で公平に判断をされていた。また,どんな地位の医師に対しても公平に接しておられた。そしてしっかりと目標をとらえ、リハビリに専念された。術後の御様子も含め、どんな困難な事に遭遇しても顔をそむけることなく、進んで手を指しのべ、そして良い方向に持っていくという皇統の責務を感じた。このような陛下のお姿から、患者に対し正直にきちんと説明し、最善の医療を早く・安く・上手く提供する事が医者として真の姿であることを確信した。」と語られた。

トップに戻る
  1. 2017/02/13(月) 19:59:35|
  2. その他の団体主催
次のページ

プロフィール

日本会議広島サイト管理人

Author:日本会議広島サイト管理人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日本会議広島主催 (45)
その他の団体主催 (12)
日本会議広島・支部主催行事 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR