日本会議広島 活動レポート

日本会議広島における活動の記録です

8月6日 8.6広島平和ミーティング 開催 (広島市)

 68回目の原爆の日、早朝に平和公園慰霊碑前にて平和と安全を求める被爆者たちの会 有志30名により慰霊が行われ「私たちの平和宣言」 が読み上げられた。

 続く夕刻、市内リーガロイヤルホテル広島にて1千名以上の参加者のもと、主催:日本会議広島・「日本の誇りセミナー」実行委員会、協力:平和と安全を求める被爆者たちの会、その他協賛で、「ヒロシマ反核平和の終焉」と題し、第5回8・6広島平和ミーティングが開催された。

 国歌斉唱の後、原爆犠牲者に対し全員で黙祷。続いて松浦日本会議広島会長が挨拶。
 秀 道広 平和と安全を求める被爆者たちの会代表による「8月6日に思うことは、原爆に斃れた方々への鎮魂と、復興に尽力された先人への感謝、国際社会の現状を見据えた実効的な平和を目指す決意。」との挨拶のあと、講演会に入った。

黙祷される講師陣 講演される森本氏

 最初に、森本 敏 前大臣が講演。尖閣を初めとする領土問題について「一般に領有権の問題では不安定要因の結果としての低レベルの紛争は起きるだろうが、全面戦争はおきない。しかし過去の事例を見ると、利害の一致した取引や、圧倒的な力の差がある場合以外は、話合いは解決の手段とはならない。尖閣問題は,日本人が覚悟して処理していくしかない。日本国内の体制が不安定になったり,国論が割れるような事態があると,中国は即座につけ込んでくる。」また核兵器の問題には「核兵器廃絶は理想だが、保有国が同時に全ての核を放棄しなければバランスが崩れる。中国が核軍縮に参加するだろうか。そして核がなくなったとしても、それに変わる通常兵器レベルでのバランスの均衡が保てなければ平和にはならない。つまり核を無くせば平和になる訳ではない。」最後に日本の課題や近隣諸国との関係について「集団的自衛権の行使や沖縄基地問題や島嶼防衛などあるが、武器輸出三原則の撤廃を力説したい。安全保障と同時に国内産業の疲弊の問題も生じている。近隣諸国との歴史認識論争については、今の歴史教育では近現代史を教えないことが問題である。過去の日本の戦争が独立自尊のための戦いであった事をきちんと学べば、近隣国に安易に謝罪する考えはなくなる。」と述べられた。

講演をされる佐藤氏 特別に登壇された田母神氏

 続いて佐藤正久 防衛大臣政務官が講演。「日本の領土領海をきちんと理解している高校生は400人中7人。自国を守ると言った者は15%で調査36カ国で最低。自衛隊の存在を9割は認めるが、8割は自分では守るつもりはない。常に問題意識がなく、誰かに依存しており、自分自身を守る覚悟がない。一方、イラク派遣や東北大震災の時、自衛隊員や地元の方々は自己を犠牲にして、公に尽くした。そこに真剣な覚悟を見た。」次に教育勅語現代語訳を読み上げられ「これが軍国主義だろうか。当たり前の日本人の価値観はこれではないか。権利自由の表記と比べ、責任義務の表記が圧倒的に少ない現行憲法には日本人固有の価値観が入っていない。自分の国、自分の地域、自分の家族は自分で守るという当たり前の義務と責任を書き込む事が憲法改正の一つの肝である。国民の財産や国家の主権が守れない憲法を守っていても意味はない。」と述べられた。また尖閣問題について「諸島の長さは110kmにわたる。守るための戦闘機は1本しか滑走路のない那覇から飛び、護衛艦は佐世保から来る。有事平時あらゆる危機的想定を考えて対応策に取組まねばならない。憲法改正前でもやるべき事は沢山ある。国会議員として先人への追悼と感謝、未来への責任と覚悟をもって取り組む。」と述べられ、最後に「一燈照隅 万燈照国。国民一人一人が覚悟を持って義務と責任を果たせば、日本はきっと輝く」と結ばれた。

 最後に毎年平和ミーティングに講師としてお出で頂き、今回は特別ゲストとして参加して頂いた田母神俊雄 元空幕長が登壇。「核保有国は日本に核を持たせたくない。アメリカは経済的軍事的に常に日本を支配下においておきたい。そのために情報を操作している。その事を理解し国を守ることを真剣に考え、情報戦に負けない様にしなければならない。」と挨拶された。

会場の様子 会場の様子
 
 今年も本会場ほか全国8箇所でインターネット中継がなされ、多くの人が会場と一体となった。また早朝の慰霊祭及び夕刻の講演会の様子が、地元テレビ局により比較的好意的に放映(リンク期限あり)された。初期のころの「敵視」その後の「無視」から、徐々に空気が変わりつつあることを感じた。




トップに戻る
  1. 2013/08/08(木) 20:15:57|
  2. 日本会議広島主催
前のページ

プロフィール

日本会議広島サイト管理人

Author:日本会議広島サイト管理人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日本会議広島主催 (39)
その他の団体主催 (9)
日本会議広島・支部主催行事 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR