日本会議広島 活動レポート

日本会議広島における活動の記録です

8月6日 平成29年 8.6広島平和ミーティング開催 (広島市)

 
 大型の台風5号の接近が心配される中、今年も広島市中区のリーガロイヤルホテル広島にて「世界激変、問われる日本の覚悟!」と題し、第9回8.6広島平和ミーティングが、日本会議広島・「日本の誇りセミナー」実行委員会主催で開催された。

 今回の講師は「永遠のゼロ」「海賊と呼ばれた男」で有名なベストセラー放送作家・百田尚樹氏と、東トルキスタン亡命政府大統領・アフメットジャン・オスマン氏。

黙祷する講師 アフメットジャン・オスマン氏

 国歌斉唱の後、原爆犠牲者の御霊に対し参加者全員で黙祷。松浦日本会議広島会長の主催者挨拶のあと、まず提言「中国核実験の被害実態~もうひとつの被爆国・東トルキスタンの悲劇~」と題し、オスマン大統領が登壇された。
  「日本と東トルキスタンとの共通点は、同じアルタイ言語を話し、核兵器の被害を被り、中国の魔の手に犯されている事。異なる点は侵略され尽くされたか、独立を保っているかという事。東トルキスタンは250年前に清国の侵略を受け、その後3度の独立を勝ち得たものの、指導者が毛沢東との会談に向かう途中に不可解な飛行機事故で亡くなって以降は、中国共産党の徹底的な侵略と弾圧を受けている。つい3日前にもホータンという町でのウイグル語の使用の禁止が発表された。中国は一帯一路を声高に唱えるが故に、その経路である東トルキスタンへの弾圧をより高めている。核被害についても、1966年から30年もの間に、住民が多く住む都市より130キロの至近距離で核実験を繰り返し、そのため100万人以上の人々が死に、また後遺症に苦しんでいる。このような悲惨な実態を指摘されても、国際社会に対しては、もともと中国古来の領土であったと主張しているが、同じ事を東シナ海の尖閣諸島についても主張している。日本人に対し過去の戦争の罪の意識を煽りつつ、4万人とも言われるスパイを送り込み、国策に基づき国土を買い漁っている中国政府の行状を見るにつけ、日本人には祖国の独立と主権を後世に残せる自信があるのかが非常に心配である。」と通訳を介しながらではあるが、侵略された民族の苦悩と独立への決意、安穏と構える日本への憂慮を語られた。 動画(その1) 動画(その2)

会場の様子 会場の様子

 続いて百田氏が登壇。「広島の原爆投下や東京大空襲は、非戦闘員の殺戮というハーグ陸戦条約に違反した明らかなる戦争犯罪である。東京大空襲を決行するに当たり、過去の関東大震災や江戸大火のデータを収集し、アメリカ本土の砂漠に精巧な木造住宅の集落を作り、より多くの日本人・民間人を殺戮する研究をした。非戦闘員への攻撃は過去のインディアンとの戦いにおいて、屈強な戦士との戦闘を避けて女子供を狙い撃ちした時からの手法である。
 このような事を発言すると、私を敵視する朝日・毎日新聞はアメリカ大使館や政府に告げ口をし、私の発言に対する抗議の声明をもらって嬉々としている。とても日本人の為の新聞とは思えない。最近は若い人を中心に見放され、発行部数が低迷しているようだが、同じ反日偏向報道機関である共同通信社の一括配信を受けている地方新聞の購読者は少なくない。今後も偏向マスコミと私との戦いは続くだろう。
 従軍慰安婦問題や南京大虐殺などの虚構も、東京裁判や朝日新聞などが作り上げたが、当時の日本人は、日本が悪い事をしたからアメリカに懲らしめられたという、GHQにより徹底的に植え付けられた自虐史観により信じ込んでしまった。広島の原爆記念碑の「過ちは繰り返しません」の碑文も同様の事。この感覚が今でも根強く残っている事が、周辺国と生じる様々な問題の原因でもある。この自虐史観を払拭する事も必要と思っている。

百田尚樹氏 百田尚樹氏

 アメリカが行ったもう一つの戦争犯罪は占領下の国の憲法を占領国が作成した事。現日本国憲法がマッカーサーの命令により専門外の民政局職員により僅か1週間で書き上げられたことは周知の事実。同じ経緯を経たドイツでは60回も改憲を行っているが、日本は一言一句変えておらず、これには当時民政局職員だった人も「まだあの憲法を使っているのか!」と驚いている程である。この70年あまり、憲法改正の必要性はそれほど切迫していなかったが、北朝鮮からの攻撃を受けたり、中国が侵攻してくる可能性が限りなく高くなった現在では、憲法改正は速やかに行われなければならない。自衛隊が国防軍となれば侵略国となり戦争を起こすという人がいる。しかし国連加盟国のうち170カ国以上が軍隊を保有しているが、その170カ国全てが戦争経験国ではないし、ましてや侵略国ではない。よく非武装中立の理想をスイスに求める人々がいるが、スイスは日本の1/15の人口にもかかわらず兵隊の人数は自衛隊と同じぐらいの、徴兵制を維持する重武装国家である。さらに民間防衛として一般の国民が有事の際は戦闘に加わる用意が出来ている。同じ中立国を標榜したルクセンブルグは非武装だったが故に、二度の大戦でドイツの侵略を受け、今はNATO加盟国となり集団的自衛権のもとで国防を行っている。
 護憲派も日本人が永久に戦争に巻き込まれない事を目的としている点では我々と同じだが、攻め込まれたら逃げたり話し合いで許してもらう事を信じるか、戦っても守り抜く事を選択するかの違いであり、世界の状況や歴史を見て,どちらが現実的かは一目瞭然である。」と、オスマン氏の話を受けて「今日はお笑いは封印する」と言いつつも、ところどころで会場を笑いに包みつつ、軽快な語り口で魅了した。


トップに戻る
スポンサーサイト
  1. 2017/08/07(月) 18:25:17|
  2. 日本会議広島主催

プロフィール

日本会議広島サイト管理人

Author:日本会議広島サイト管理人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日本会議広島主催 (39)
その他の団体主催 (9)
日本会議広島・支部主催行事 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR