日本会議広島 活動レポート

日本会議広島における活動の記録です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2月11日 建国を祝う集い 開催(広島市)

 冷たい風の吹く冬らしい建国記念の日。この日、広島市中区の広島国際会議場フェニックスホールにて、建国記念の日奉祝委員会主催で「建国の日を祝う集い」が開催された。
 開会に先立ち、オープニングとして広島文教女子大学附属高校和太鼓部による「文教太鼓」「葵」が披露された。同部は平成6年に部訓を「和」と定め創部された。平成19年にはハンガリーでの海外公演を成功させ、今年度だけでも約60回のステージ活動を展開している。
 主催者の松浦雄一郎会長から、首相の靖国参拝を非難する中韓を強く批判するとともに憲法改正を求めていく旨の開会の挨拶があり、続いて国歌斉唱、橿原神宮拝礼が執り行われた。

広島文教女子大付属高校和太鼓部による奉納太鼓 挨拶される来賓の方々

 次に来賓を代表して河井克行 衆議院議員、平口 洋 衆議院議員、中丸 啓 衆議院議員、松井一實 広島市長、城納一昭 副知事、林 正夫 県会議長から祝辞を賜った。河井氏「何かと抗議してくる中韓に毅然と対応するよう政府に求めると共に、米国に対してはこれからも安倍首相の真意を説明していく。また自民党の公約である政府主催の建国式典が開かれるよう尽力していく。」 平口氏「我が国の繁栄の礎を築いた英霊へ感謝と平和への祈念をした首相の靖国参拝は正しかった。その行為は子供達に良いメッセージを与えた。」 中丸氏「若者が伝統文化を引き継ぐことは素晴らしい事である。だが一方で中韓による歴史認識の攻勢に国民が誇りを失いつつある。その原因ともなった河野談話の見直しに力を貸していただきたい。」 松井市長「日本は今、困難な課題に直面し、その解消には国民が団結しなければならない。」とそれぞれ述べられた。

竹林君の意見発表 会場一杯の聖寿万歳

 このあと市内小学校6年の竹林君が意見発表。「僕は日本の事を勉強して、歴史が始まって1回も元首が変わらない事、和をもって尊しとする精神など、この国を誇りに思うようになった。日本の事をもっと多くの友達に知ってもらいたいと思うし、微妙な色彩感覚などの独自文化の面白さを知らない事は、もったいないと思う。学校では古事記は「社会」の歴史の暗記物の一つとされ、何一つ内容を教えてもらえないが、読んでいくと「神様も喧嘩なんかするんだ」などと身近に感じる。ただテレビやラジオで言われている事と、僕が勉強した事とが大きく異なっているので混乱している。また新聞が意図的に情報を操作している事を知って、大人の世界は卑怯な事もあり、正しい事が通らないときもあるのだと知った。そして自分はそういう大人にはなりたくないし、そういう社会にしたくないと思った。僕の将来の夢は、日本のエネルギー自給率や食料自給率が低く、他国に頼りすぎていることが分かった事から、海洋学者となりメタンハイドレードなどの資源や海産物を研究し、日本の為に活かす仕事をすることです。」と述べた。小学生らしい素朴な興味や疑問に、参加者は時に笑いつつも大いに考えさせられる事となった。(意見発表の動画は→http://youtu.be/p3rodyZZ82o)
 水真流桂林吟詠会の歌披講の後、聖寿万歳と河野副会長の閉会の辞で一旦式典を終了。

まほろば素読教室 神楽「天の岩戸」

 続いて幼稚園~中学校までの園児児童学生24名が登壇。午前中に同会場内で開かれた「まほろば素読教室」で学んだ成果として、天照大神の天壌無窮の神勅などの暗唱を行った。前述の竹林君もこの教室に通う事で日本に興味を持ったとの事。次に代表数名が一人ずつ暗唱を披露。特に園児や低学年児童が、天照大神から神武以来125代の天皇や、終戦の詔勅を淀みなく暗唱すると会場からは大きな拍手を起きた。
 第二部アトラクションとして北広島町の龍南神楽団が「天の岩戸」を演じた。この舞は日本神話の有名な物語がもとで、天照大神が弟スサノオノミコトの所業を嘆き岩戸に隠れ、世界中が真っ暗になったことに困った神々が舞を舞い、岩戸が開き世の中に光が戻るという物語で、建国式典のアトラクションとしては大変相応しい演目となった。


トップに戻る
  1. 2014/02/13(木) 20:13:56|
  2. その他の団体主催

2月11日 建国を祝う集い 開催(広島市) 

 広島市中区の広島国際会議場フェニックスホールにて、建国記念の日奉祝委員会主催で「建国の日を祝う集い」が開催された。当会場は定員1500名だが、開演時には既に3階席まで満席となり、立ち見も多く見られるほどの盛況となった。
 開会に先立ち、アトラクションとして広島文教女子大学附属高校和太鼓部による「文教太鼓 葵」が披露された。

文教太鼓 超満員の会場

 主催者の松浦雄一郎会長から開会の挨拶があり、続いて国歌斉唱、橿原神宮拝礼が執り行われた。次に来賓を代表して平口洋 衆議院議員、中丸啓 衆議院議員、松井一實 広島市長、城納一昭 副知事、林 正夫 県会議長から祝辞を賜った。 平口氏「建国以来2600年余りの間の先人の労苦、先の大戦での英霊の独立へ思いに敬意を表し、今の国民が心を一つにして日本の発展と独立に努力していく必要がある。」 中丸氏「文教太鼓の伝統文化を守る姿を見て日本の未来・若者は大丈夫だと思った。これら未来の世代のために、誇りある国づくりを共に行って行く事を誓う。」 松井市長「日本は今、困難な課題に直面し、その解消には国民が団結しなければならないが、それには若い世代と年長者が心を通わせ、歴史伝統文化に関心を抱き、その意義を共有化していくことが必要である。」 城納氏「人つくり・経済成長・安心な豊かな地域づくりをめざし県・日本国の発展に取り組んでいきたい。」 林県議会議長「郷土、国を愛する心を養うことは重要な責務。現在の国難には先人の偉業に学び、正しい歴史認識と郷土・国を愛する心、日本人の誇りと自覚を持って底力を発揮する必要がある。」とそれぞれ述べられた。
 このあと椛島明美さんが青年意見発表として、皇居勤労奉仕団や昨年の天皇陛下沖縄行幸の際の奉迎活動に参加したときの感想やエピソードを披露。それらの体験から「普通の日本人なら誰でも皇室を慕う心を持っている事に気付いた。これからはその心を呼び起こさせる活動をしたい。」と述べた。

平口、中丸両衆議および松井市長 城納副知事、林県議会議長および椛島さん

 歌披講の後、幼稚園~小学校までの園児児童20名が登壇。午前中に開かれた「まほろば素読教室」で学んだ成果として、様々な古典の一節の暗唱を行い、会場からは大きな拍手を浴びた。特に神武以来125代の天皇を少年が一気に暗唱すると、会場からどよめきが起きた。
 最後に特別講演として安芸太田町の津浪神楽団が「塵倫」を演じた。同神楽団は、昭和6年に発足し,島根県から伝わった矢上系山県神楽を伝承。演目の「塵倫」は数万の軍勢とともに異国から攻めてきた塵倫という鬼に、第14代仲哀天皇が従者の高麻呂とともに立ち向かい、激戦の末、打ち破って平和を取り戻すというストーリー。ひろしま神楽グランプリ旧舞の部で2連覇、過去6回グランプリ受賞の輝かしい実績を誇る実力者の迫力ある演技と演出に満員の観客も大いに魅了された。

まほろば 津浪神楽団による「塵倫」

 普通の国ならば建国の記念日には政府や自治体が主催して奉祝式典を行うのが当然であるが、残念ながら我が国ではそのようにはなっていない。自民党の公約に建国記念の日には政府主催の式典を開く事が明記されているが、今年は実現しなかった。いつかその日が来るまで、これからも式典を行い続けていく。


  1. 2013/02/12(火) 20:38:54|
  2. その他の団体主催

2月11日 建国を祝う集い 開催(広島市) 

 厳しい寒波も少し緩んだように見えた建国記念日のこの日、広島市中区の広島国際会議場フェニックスホールにて平成24年 建国記念の日奉祝式典「建国を祝う集い」が、1,500名の参加のもと開催された。
 オープニングは文教女子高校和太鼓部による「文教太鼓 葵」の演奏。女子高生とは思えない力強い演奏ながら、時折見せる柔らかなバチ捌きが開会を盛り上げた。

文教女子高校和太鼓部による演奏 野々村彩乃さんによる国歌独唱
 続いて第82回選抜高校野球開会式での国家独唱が動画サイトYoutubeで118万回以上再生されている、広島音楽高校出身のソプラノ歌手・野々村彩乃さんによる透明感あふれる国家独唱と、参加者全員による国歌斉唱が行われた。

【野々村彩乃さんの国歌独唱の動画】

 今年は32回の大会にして初めて広島市長が出席されたほか、広島県選出の衆参国会議員や副知事、県議会議長及び議員、市議会議員、海上自衛隊の方々が来賓として出席された。代表して柳田参議、松井広島市長、城納副知事、林県議会議長が挨拶をされた。
 この後、同時開催のNPO法人まほろば教育事業団・広島まほろばの会主催の「まほろば素読の集い」に参加した幼児~小学生が登壇。偉人の言葉などを素読という形で発表した。「素読」とは、文章を意味はさておき、声を立てて暗唱できるまで、繰り返し読むことであり、そうする事で自然にその意味が分かってくるようになるとのこと。

松井広島市長による祝辞 素読の集い 参加者登壇

 次に、一昨年60億kmの満身創痍の旅の末、小惑星イトカワのサンプルを持ち帰った「はやぶさ」のプロジェクトマネージャー・川口淳一郎氏が「日本の誇り ― はやぶさプロジェクトが目指したもの」と題して記念講演をされた。丁度この日は東映映画「はやぶさ ― 遙かなる帰還」の封切りでもあった。川口氏は東京での発表会に出席してすぐの来広となった事もあって、映画に関する柔らかな話から始まった。
 そして小惑星探査の意義について「地球の中身が小惑星の地表にある。金星などの丸い惑星の地表には残っていない。極端に言えば中身の性質が判れば地震のメカニズムの理解にも通ずる。それゆえ小惑星の地表の探査は価値がある。」

講演する川口氏 1500名が参加した会場

 プロジェクトの経緯について「最初の構想は小惑星へのランデブーまでだった。しかしNASAにアイデアを盗られてしまった。JAXAと違い予算の潤沢なNASAには太刀打ちできないため、さらに進めて試料を持ち帰る事で独創性を出そうとした。とにかく世界初を目指した。二番ではいけなかった。小惑星の物質を地球に持って帰ることができる事を証明したかった。無知の知とでも言うか、失敗をして知る事がある。そういう苦杯をバネにした意地があった。運や縁を生かすことも大事だと思ったので、岡山の中和神社に参拝したり飛行神社のお札をもらったりした。」と語られた。
 またプロジェクトを成功に導く秘訣としては「技術より根性。見えるものは過去の事であり学校の教育は練習問題に過ぎない。創造と現場主義が大切である。また迷う事があればどちらも正解と思うべきである。行き詰ればルールや規制をいったん外してみる事も大事である。」とし、最後に「未来の日本は、個性とインスピレーションを伸ばす人材育成を行い「製造」から「創造」の国へと変化してほしい。そしてはやぶさプロジェクトにより示された、日本人は「創造できる」という自信と希望が、震災からの復興と日本国の復活の励ましになれば良いと思っている。」と述べられた。


トップに戻る
  1. 2012/02/13(月) 20:52:45|
  2. その他の団体主催

2月11日 建国を祝う集い 開催 (広島市)

 建国記念の日であるこの日、平成23年「建国を祝う集い」が広島市中区の広島国際会議場フェニックスホールで行われた。参加者は実に1,800人。両サイドや3階席まで一杯となり、それでも座り切れず立見の方も出る状況となった。
 まずオープニングセレモニーとして、湯来南高校和太鼓部により太鼓の演奏が行われた。生徒達は演奏後も舞台に残り、国歌斉唱・橿原宮拝礼を他の登壇者とともに行った。若い世代にとって建国という事を意識し、日本国のあり方を考える良い機会となったと思われる。

1800人の参加者による国歌斉唱 湯来南高校和太鼓部による演奏

 この日は 岸田文雄氏、河井克行氏、斉藤鉄夫氏、空本誠喜氏ら国会議員のほか町長、県・市・町議会議員が来賓として出席。このうち岸田、斉藤、空本の3氏及び林県会議長、城納副知事より御祝辞をいただいた。
 岸田氏は「昨年は尖閣の事件などで国のあり方を考えさせられた。2012年は主要国の指導者の改選である為、今年は各国のエゴがぶつかり合う年となる。その中で我々は外国に振り回される事なく、わが国がどうあるべきかを皆で考えていかねばならない。」 斉藤氏は「国を想うとは、家族や郷土の支えあいのから始まる。この絆を取り戻す事が国を支える力となる。」 空本氏は「現在の繁栄は先人の教育の賜物である。いま建国の精神に立ち返り、道徳教育により誇りある国づくりに尽くしたい。」 林県会議長は「先人の努力に感謝する事は現代人の務めである。県議会としても正しい歴史認識を持った優れた人材の育成に尽力したい。」とそれぞれ述べられた。

会場の様子 来賓による祝辞

 宣言文朗読、歌披講の後、DVD「平成のご巡幸」が上映された。このDVDは阪神淡路大震災や新潟県中越地震などの被災地の人々と、民安かれと常に願っておられる天皇皇后両陛下との絆を描いた作品である。
 この後、同時開催のNPO法人まほろば教育事業団・広島まほろばの会主催の「まほろば素読の集い」に参加した幼児~小学生が登壇。この日習った建国の神話や古代の偉人の言葉を素読という形で発表した。「素読」とは、文章を意味はさておき、声を立てて暗唱できるまで、繰り返し読むことで、自然にその意味が分かってくる、そうした読み方の事を言う。
 最後に奉祝神楽として安芸高田市の横田神楽団による「塵倫」が上演された。この横田神楽団は昭和20年代に入り新舞が創作されるまでは高田八調子系旧舞を伝承し、新舞が創作されるといち早く取り入れ、昨今では新舞中心の奉納活動を行っている。この日は各種競技会で最優秀の栄誉を勝ち取った、素晴らしい技と鮮やかな衣装で多くの参加者を魅了した。

素読の集い参加児童の発表 横田神楽団による「塵倫」



トップに戻る
  1. 2011/02/12(土) 08:52:44|
  2. その他の団体主催
前のページ

プロフィール

日本会議広島サイト管理人

Author:日本会議広島サイト管理人

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (3)
日本会議広島主催 (39)
その他の団体主催 (9)
日本会議広島・支部主催行事 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。